いっしょに♪歩こう♪  

続・犬たちの悲鳴

母のところから帰ってきて、すぐに犬達と一緒にソファーで寝てしまいました。3連泊でその間に行ったり来たり、あれもやったりこれもやったりで、結構疲れました。

昼寝をしてしまうと、夜が眠れなくなってしまう。。。。

夜遅く、何気なくつけたテレビは「続・犬たちの悲鳴」  再放送。

あまり観たくないな~と思ったけれど、ちょっと観ていたら、「痛みでのたうちまわる犬」の映像が映りました。

すぐにチャンネルを変えました。



胸が締め付けられる想い。。。。。




誤ったブリーディングで苦しんでいる犬たちのことは以前から色々と見聞きはしています。

良識のある飼い主なら、一度飼ったら家族と一緒。介護するのも心身ともにとっても辛いことでしょう。

でも、もっと辛いのは、そんな遺伝的疾患を持った犬達。人間の限りない欲望の犠牲者。



しばらく経ってから、チャンネルを戻して、最後まで観てしまいました。

「痛みでのたうちまわる犬」は安楽死させられました。



あの苦しみで、生きていくのは辛いよね。。。。




こんな遺伝的な疾患が起こると分かっていて、一部のブリーダーたちはどうしてこんなブリーディングを続けるのでしょうか。


犬は大人のおもちゃじゃないし、アクセサリーみたいな装飾品じゃない。

こんなドッグショー 必要ないし、とっても陳腐。


苦しむ犬達を見て、何も思わないのでしょうか。私なんかよりも、ずっと社会的には地位の高い人たちかもしれないのに、考えていることは良識のある人たちのものとは思えません。


規定から外れた仔犬を安楽死してくれる獣医がなかなか見つからなくて困ると平然と答えていたブリーダーがいましたが、かなりの嫌悪感を抱きました。健康的にはなんの問題のない犬たちを、ちょっと姿かたちが違うからって安楽死?

その犬種が好きなのかもしれないけれど、それって姿かたちが好きなだけで、犬そのもの& 生き物に対する愛情なんてないんだな~って感じます。

しかも、これはあの動物愛護の国「イギリス」で起こっていること。

日本ではきっともっともっと酷い状況なんでしょうね・・・・






** BS 世界のドキュメンタリー **
    続 犬たちの悲鳴 告発から3年 (再)   


    続 犬たちの悲鳴 動画


   


今日もまた「ちーちゃん」のこと書きませんでした・・・・(>_<)

Trackback

trackbackURL:http://inunosatooyasagashi.blog65.fc2.com/tb.php/536-8c383a13
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。