いっしょに♪歩こう♪  

嬉しかったこと。*** 動物実験を伴う特定保健用食品の開発は行わない ***

何年か前に 伊藤園が日本の大手飲料メーカーとしては初めて動物実験を廃止したことを知りました。

(外国メーカーでは、ペプシ・コカコーラなどが廃止しています。)

それ以降は、出来うるかぎり、お茶やジュースを買うときは伊藤園の物を買うようにしています。

特に「緑の野菜」は大好き


でも、先日 偶然 こんな記事↓↓を見つけてしまったのです。(古い記事ですが・・・)


 『大手飲料水メーカー「伊藤園」(東京都渋谷区)は4月末、新製品の開発で動物実験を廃止。2001年から米国に進出していた同社が、こうした措置に踏み切ったのは、2007年に米国の大手2社が動物愛護への関心の高まりを受けて一切の動物実験を廃止したことがきっかけだったという。

 「業態がグローバル化する中で、諸外国の風潮をかんがみて内部的に廃止の方向を決定した」

 同社の担当者はこう説明する。

 5月からラットで行ってきた緑茶に含まれるカテキンの有効性の検証を、人の培養細胞を使って行うように切り替えた。今後、特定保健用食品を国に申請する場合などで動物実験が必要とされる場合は、第3者機関に依頼するという。』



産経ニュース 「問われる動物実験  日本企業にも廃止の動き広がるが…」より。



この記事の中で、気になったのが

『今後、特定保健用食品を国に申請する場合などで動物実験が必要とされる場合は、第3者機関に依頼するという』の部分。


完全廃止だと思っていた私には、かなりショックでした。

すぐに伊藤園さんに問合せしました。 現在 特定保健用食品を開発しているのかどうかということ。そして、廃止と発表してから、特定保健用食品の開発をしたことがあるのかどうかということ。

担当者の方から頂いた回答は、


当社ホームページにお問合せ頂きましてありがとうございます。
当社では、2010年5月1日より動物実験を行わないという社内方針を決定しております。
この方針に基づき、今後は新たに動物実験を伴う特定保健用食品の開発は行いません。 
●●様より頂きましたご意見は担当部門に申し伝えさせて頂きます。




というものでした

とっても嬉しかったです。
動物実験はしたくないけれど、国の基準がこうなっているのだから仕方ない・・・・そういう風に考えたり、解答する企業も多いかと思います。でも、伊藤園はそうではなく、「動物実験をしなくてはならないのなら、そういう商品は開発しない。」そう断言しているのです。・・・それってとっても素晴らしいことだと思いませんか。


ますます好きになった「伊藤園」

お茶やジュースを買うときは、伊藤園さんのものしか買わないぞ!・・・・と思いました(*^_^*)。



にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村


追記・・


私が読んだ「産経ニュース」・・・・・・確か色々問題があるところでしたね・・・・・・(>_<)

間違った情報というか、偏った捉え方をして記事を書いたりするようなところがある・・といったような意見をたまに見たりします。

今回の記事の中にも「資生堂は動物実験を完全に廃止する方向であり、画期的な企業である」みたいな事が書いてありましたが、事実関係が大分違うような気がします。確かに資生堂は代替法などにも取り組んでおり、廃止する意向を示していますが、本当に全廃するのか・・態度は曖昧なところが結構あるような気がします。「愛護団体とかがうるさいから、『廃止する意向です』とだけ、言っておこう」・・・みたいな印象なのですが・・・・私も何度か分からない点などを問合せしたことがありましたが、解答はいつも誤魔化された、完全にピント外れの回答ばかりで、誠意は全く感じられませんでした。忙しいから、いちいち回答するのも面倒なのかもしれませんが、答えられないことなら正直にそう言えばいいのに・・もう少し言い方があるだろうに・・などと思ったものです。



最初から 伊藤園は動物実験を伴う特定保健用食品の開発は行わないということだったのかもしれないですね。記者が勘違いしたのかな・・・・・
ネットやテレビ・新聞などで流れている情報はどこまでが真実なのか良く分からないから鵜呑みにしてはいけないということでしょうか・・・・


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://inunosatooyasagashi.blog65.fc2.com/tb.php/467-972e3751
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。