いっしょに♪歩こう♪  

悪い酪農家 ~山川牧場といのちの教育~

一週間くらい前のこと

犬の散歩・猫の餌・むっちゃんの世話が一通り終わって、ぼーっとテレビを観ていました。



チャンネルを変えると

「豚のと畜を観たわけだけれど・・・・」といった内容の言葉が耳に入ってきました。

何人かの学生に大人が話しかけています。



あ~ これはきっと「命の大切さ」を扱う番組に違いないな・・・


と思いました。

正直 と畜場面は観たくありません。チャンネルをすぐ変えたけれど、気になってまた戻してみました。


今度は、うさぎのアップ。檻の中で草を食べています。



う~ん。なんだか嫌な予感がするな・・・・まさか殺して食べるんじゃあないよね。。。。

予感は的中しました。

まな板の上のうさぎ。生徒?先生かな? 良くは覚えていませんが、しっかり抑え、首のところにナイフ?をもっていきました。

血抜きでしょう・・・

観れない。

すぐにチャンネルを変えました。


次にチャンネルを戻した時には、生徒たちはうさぎの肉で作ったカレーを食べている場面でした。

一人の生徒が「固くて噛めない」といって肉を口から出します。

先生?はそこで「食べなくてはいけない。命を捨てるのか?」というようなことを言いました。





番組の題名・・・・・・ 「いただきます ~山川牧場といのちの教育~悪い酪農家・山川さん」・・・・です。



山川さんは「命のある動物を売り買いし、次の命を育て、また売り買いする自分は、悪い酪農家です。」と言っています。


いえいえ。悪い酪農家なんかじゃありませんよ。

「最初からパックに詰められた肉だったんじゃないんだよ」って、こうやって皆に教えている。

それはとても立派な行為だと思います。

そして、この番組を作った関係者の方々・・「ありがとうございます!」って思います。

たくさんの人たちに観てもらいたいって思います。

捨てられたり、軽んじられるたくさんの食料・・・・凄いですからね。


番組最後の方で、

牛の頭を撫でながら、「肉は最初からパックに入っていたわけではない。牛さんにも牛さんの友達だっているんだよね。」みたいなことを言った時には、「そうだよね」ってうんうんってうなづいていました。


違うのは山川さんやこの番組を作った人たち、関係した方々が命の大切さを心の底から感じながら食べる。私は食べれないってところでしょうか・・・・





この番組の内容はこちらで少しだけ分かります→ 

発見!人間力 其の123

発見!人間力 テレビ出た蔵


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村




Trackback

trackbackURL:http://inunosatooyasagashi.blog65.fc2.com/tb.php/410-20316fa6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。