いっしょに♪歩こう♪  

もこちゃん大好きだよ。

もこちゃんとの出会いってそんなんだったんだね。

知らなかった・・・

とっても運命的のような気がする。






「もこちゃんとの出会い」を初めて読みました。






運転中に見かけた猫ちゃん。あんまり可愛いから「ナーゴロー」って挨拶したら、

「ミャ~ン」と返してくれてとっても可愛い。

(ナーゴローって挨拶とってもいいね!私もこれからはナーゴローって挨拶しよう!)



ちょっと遊んで「またね」って立ち去ったら、なんと次の日にまるまるさんの家の駐車場にいる。

(遊んだところから近くでもないのに、どうして分かったんだろうね。不思議不思議・・やっぱりまるまるさんは動物と話ができるんだ。)


そして、まるまるさんの後を当たり前のように付いてくる。
(人がすっごく好きなんだね。というか、まるまるさんが好きだったのでしょう。動物だって分かるよね。優しくしてくれる人かそうじゃないかってこと。)


首輪をしていたので、あたりを一緒に散歩しながら、お家を探したけれどお家は見つからない。

このあたりじゃ見かけない猫ちゃんだって言われる。

耳ダニがいっぱい。捨てられちゃったのかな~



まるまるさんの家はペット不可の住宅なので、家には入れられないので、たまに居留守を使ったり、見かけないと「お家に帰ったんだろう」勝手に解釈。


でも、もこちゃん。まるまるさんしかもう頼りにしている人がいないみたいに、お家の前でひたすら待っていることも・・・・・・ははは(笑ってごめん。)

知らぬ間にお部屋のベットで寝ていたり(笑える。。。。前からまるまるさん家の猫みたいだね。こういうずうっずうしいところはちびに似ているかも・・・)


こうなっちゃったら、猫大好き、動物・生き物みんなみんな大好きのまるまるさんは見放すなんてこと出来ないよね。




もこちゃんを保護することになりました(大家さんに見つからないように・・)




もこちゃんってやっぱり捨てられたんだと思う。

まるまるさんのお家を覚えて通ってこれるんだったら、お家近くだったら、帰れるはずだよね。

自分から遠くに行くような猫じゃない。

警察にもセンターにも届け出がない。情報誌にも載せたのに連絡もない。

探す方法が分からなかったのかな~ それとも、いなくなっても「仕方がないっ」て諦められる程度だったのかな~

もこちゃんに聞いてみたかったよね。



どっちにしても、もこちゃんはまるまるさんと一緒の方が幸せなのです。

だから、あれから4年半も長生きできたのだと思います。

エイズキャリアだったもこちゃん。最後の最後まで大事にされて、エル君っていうお友達もできて、

とっても幸せな4年半だったね。(最初の疥癬でめちゃくちゃだったエル君の顔見た時はもこちゃんもびっくりしたかも・・・)





ちびともこちゃんが似ているって時々言われたけれど、

ちびだったら、エル君酷いことになっていたかも・・・・もこちゃんみたいに優しい猫じゃないから。





もこちゃんの身体はなくなっちゃったけれど、

すこしずつまるまるさんの日記を昔から遡って読んでみようと思う

なんだかまたもこちゃんと会えるような気がする。。。。。。。














  






注:まるまるさんの住んでいるところは現在ペット飼育可です(*^_^*)






Trackback

trackbackURL:http://inunosatooyasagashi.blog65.fc2.com/tb.php/340-8d632bd5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。