いっしょに♪歩こう♪  

平飼いのたまご

「もう肉は食べたくない。料理しなくていいよね。。。。」

と、家族に宣言してから、肉ばかりでなく、自分からはスーパーで卵や牛乳も買ってくるのを止めました。



だんなさんは、自分で食べたい時に卵を買ってくるようになりました。

調理しなくてもいい温泉卵を買ってくることが多かったです。

温泉卵って 確かに美味しいですよね(*^_^*)

私も昔はよく食べました。



どうして卵をスーパーで買ってこれないかというと、

スーパーに置かれている卵は、劣悪な環境に置かれた鶏たちの産んだたまごだからです。

劣悪だから、病気になりやすいから、抗生物質もたくさん投与されています。

オスは産まれてすぐに処分されて、メスは身動きできないところに入れられて、

一生機械のように卵を産まされ続けます。


今卵の値段はとっても安い・・・

裕福でなくても買える。

だから、とってもいい面もあります。

でも、それはそれだけ鶏に負荷がかかっているということになるのだとも思います。



結婚しているのに、夫のために卵も買ってこないなんてなんていうおもいやりがない人間なんだ!・・・

って思う人もいるでしょう。

でも、もらった卵入りのお菓子や料理は有難く・嬉しく頂戴できても、

スーパーの籠に卵はどうしても入れられませんでした。



そこで、

たまには家でも卵を食べたいという旦那さんのために、それならば、

どうせ買うならばと、平飼いの卵を買うことにしました。

平飼いの鶏ならば、ケージ飼いの鶏よりはずっとずっと幸せです。

自然に任せているから毎日産むわけではないし、手間もかかるので、一つの値段もとっても高いですが、

平飼いの卵を買う人が増えれば、鶏の環境も良くなる・・・・・そう思いました。。




でも、平飼いの卵って普通のスーパーでは売っていませんよね。

運転もできない私はネットで買うしかありません。

平飼いで検索して、どこかいいところはないかと探してみました。

そこで見つけたのが、

↓↓のたまごです。



農園主さんの書いた「アニマルウェルフェア」の記事はとても共感できるものでした。


記事の中の一文にこんなものがありました。

動物は家畜であろうとペットであろうと、それぞれの一生は幸せなものでなければなりません。ましてや、お肉や卵、牛乳のために飼育される生き物たちは、さらに幸せに暮らす権利があると思います


こんな風に考える生産者の方もいるんですね・・・・

ちょっとびっくり、そしてとても嬉しい想いでした。





やますけ農園さんの卵です↓↓



CIMG0854.jpg






CIMG0855.jpg




送料もかかるし、消費期限もあるので、一つの値段は決して安いものではありません。

だんなさんも毎日は食べないので、そのまま冷凍したりもしました。

卵はふつう冷凍できないそうですが、生のまま冷凍してそのままちょっと茹でると美味しい温泉卵ができるということなので・・・(ネットでの情報。試してみたい方は検索してください。)

でも、ゆで加減が結構難しいので、せっかくの美味しい卵、生でご飯にかけるのが一番かなと思います
(*^_^*)

だんなさんの感想・・・・「とっても美味しい!スーパーでは買わないから、また、たまに注文して。応援してあげてください。」でした
(*^_^*)


やますけ農園さんのアニマルウェルフェアについての記事 → こちら

是非 読んでください。




ALIVEさんの「たまごのことを知りましょう」の記事も是非読んでください。 → こちらです。

不愉快になるような写真などはありません。

スイスでは10年以上前からケージ飼いが禁止されており、EUでも2012年までにこのケージ飼いを禁止する法律が成立しているそうです

消費者が声をあげれば、日本でも過酷なケージ飼いを減らすことは可能なのではないでしょうか。






















Trackback

trackbackURL:http://inunosatooyasagashi.blog65.fc2.com/tb.php/317-821cadaa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。