いっしょに♪歩こう♪  

*幸せになる権利は・・・・・・・・・・・・・・・・* 

エマ(小春)とマリーちゃん(小夏)をねこ親さんにお届けするときに、

ちばわんさんの「ねこちゃんの飼い方が書かれているもの」をコピーして渡しました。↓↓



CIMG8201.jpg





これは、私がちばわんさんから「みーちゃん」と「むぎちゃん」を迎えた時にいただいたものです。


ずっと見ていなかったけれど・・・

表紙にはこんな言葉が書かれています。






li-a-06.gif




動物愛護センターに持ち込まれる猫の半数以上は飼い主が連れてきます。


殺処分のために檻の中から猫を出すと、猫は久しぶりに人間に抱かれたのが嬉しくて、嬉しくて喉をならすそうです。



そして死の待つ処理室へ連れて行こうとする係員に甘え、目を細め大人しく抱かれて猫たちは旅だっていくのです。



人間だけが優れているのでしょうか?

人間だけが幸せになればいいのでしょうか?



このような現状に会うたびに、涙と悲しみと怒りと無力感に苛まれる日々もありますが、

優しい愛情に満ちた里親さんに出会えたときには、嬉涙と普段の生活では味わえない感謝の祈りと、充実感に包まれます。



この度は、里子に迎えて頂きありがとうございます。


幸せになって行く、この子達を励みに私たちはこれからもこうして活動を続けて行きますので、今後とも千葉ワンとのご縁が続きますよう。

心から猫さん共々宜しくお願い致します。・・・・・・・・・





li-a-06.gif

(注:現在 千葉ワンは「ちばわん」になりました。ちばわんさんでは里親・里子と言う言葉は使わずに「いぬ親」「ねこ親」という言葉と使っています。)







幸せになる権利は人間も、動物も全て平等ですよね・・・






不妊手術をする少しのお金を出すのを惜しんで、毎年毎年 子猫をセンターで殺処分する飼い主。

川に捨てる飼い主。

本当にお金がないんでしょうか? 

他のことには遣っているのではないのでしょうか?








久々に泣いてしまいました・・・・・









家でも猫の預かりができればな~と思います。

でも、ワクチンの打てない 体の弱い アレルギーの勘吉くんがいるので、どうしても 猫よりは犬の一時預かりを選んでしまいます。


犬の病気は猫に移らないから・・・・・






ちばわんさん CATNAPさんでは猫の一時預かりを募集しています。

他の団体さんでも募集しています。 


猫は犬に比べて、散歩をする必要もなく 吠えたりしません。 

でも、なぜか犬よりも猫の方が足りないようです。

猫の持ち込みの方が圧倒的に多いからでしょうか・・・



偶然こちらの記事を見た方・・・・・・

もしよかったら 見てください  →  ちばわんホーム(猫の一時預かりについて)

                       CATNAPホーム(猫の一時預かりについて)




人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





















Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://inunosatooyasagashi.blog65.fc2.com/tb.php/102-5c6c4eaf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。