いっしょに♪歩こう♪  

*最近のちーちゃんです*

毎日暑くてやる気がでないちいちゃん↓↓

CIMG3547.jpg








CIMG3548.jpg



暑くて 何もする気がしないわ~


お部屋狭いし、退屈だし~



・・・・・・・・(>_<)





くうちゃんもだらだら。

ちいちゃんのことをいじめる(からかう?)元気もないようです(*^_^*)

暑いけれどその方がちーちゃんにとっては幸せかも・・・・



CIMG3540_20110825233819.jpg




ちいちゃん くうちゃん ねこ親さん募集中です




にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

*最近のくうちゃんです*

探し物があって、箪笥の引き出しを開けたら、

くうちゃんが入ってしまいました。↓↓

CIMG3544 - コピー








CIMG3545 - コピー








CIMG3543 - コピー








CIMG3542 - コピー








CIMG3546 - コピー








CIMG3541 - コピー








CIMG3539.jpg



なんだか可愛くないですか




図体は大きいくせに、雷が鳴るとほふく前進してしまう弱虫?くうちゃん  ねこ親さん募集中です

(ちいちゃんは雷が鳴っても怖くないようで知らん顔。)






にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村




私の動物愛護改正パブリックコメント(まだ未完成ですが・・)

毎日すこしずつやってやっとここまで↓↓書きました(>_<)

(まだ未完成です(>_<) (10)・(11)番などが勉強不足で、まだいい加減です。書きなおすと思います・・・)

検索して、皆さんの意見も参考にしました。 純情仔猫物語 KAZUさんの強く言いたかった「「遺伝病を作り出す繁殖の禁止」スコの繁殖制限 についての項目も入れました。


もし良かったら、参考にしてください。

といっても人気ブログではないので、あまり貢献できないですね(>_<)

コピーペーストも可ということですが(環境省確認済み)、自分としては変なことを書いているような気がするので、心配です。コピーする場合は、良く読んで内容を納得したうえでしてください。

特に(3)対面販売・対面説明・現物確認の義務化について は多くの人と意見が異なるかもしれないので注意してください。

(1)の理由の書き方も少し変かも・・・



自分が良く分かる一項目だけ送っても大丈夫です(*^_^*)

特に(5)。(5)が重要です!

集計がとりやすいように、短く簡略して書いた方がいいようですが、想いが強くてどうしても長くなってしまいました・・・・・


頼めそうな人には全て頼んだので後は神頼み・・・

忙しそうな人には(5)のみお願いして、切手を貼った封筒と記入用紙、例文集を渡しました。
皆さんも頼めそうな人がいたら、頼んでください。



ずっと応援していたKAZUさん 病に倒れてしまったKAZUさんの想い・日本の動物愛護の現状をを変えたいと想っている私達の想いが叶うこと願っています。


追記 

(9)・(10)ALIVEさんの意見を取り入れて書き直しました。(以前書いた文は案に即していなかったと思います)


8月20日に自分の分は郵送しました。





環境省自然環境局総務課動物愛護管理室 御中

「動物取扱業の適正化について(案)」への意見

氏名:
住所:〒
TEL:

E-mail:


(1)深夜の生体展示規制にについて(1ぺ-ジ)
意見① 20時以降の生体展示は禁止すべきである。
(ペットショップのみならず猫カフェのような場所も含む)
意見②昼の展示も連続展示を禁止すべき。
意見③展示時間や時間帯等の具体的数値を必ず示すこと。
意見④規制の対象となる動物は、犬猫のみならず哺乳類、鳥類、爬虫類まで及ぶとする。

理由
1ページ 26行目 「動物が受けるストレス等に関する科学的知見はまだ少ないが・・」とありますが、犬猫の飼育した経験があるならば、飼育された犬猫は夜寝ているのは自明の理です。科学的知見を求めてからでないと規制できないとすれば、そのサンプルを求めるために 動物にストレスを与える実験をするということでしょうか?それこそ動物愛護に反する行為だと思います。

犬猫の譲渡会に参加した経験がありますが、3時間ほどでもかなりのストレスになり、猫などは普段大人しい猫でも威嚇したりします。そういった経験から、連続展示は3時間が限界。3時間ごとに一時間程度の休憩は必要であり、それができないのであれば、ケージ展示ではなく、生体の方からは顧客が見えない・音が聞こえないような展示をすべき。

また、夜行性動物であったとしても、電気のついた部屋は昼で、自然の状態に反する。


(2)移動販売について(2ページ)
意見 禁止に賛成 移動販売は絶対に禁止すべき。

理由
移動は生体に多大なストレスを与えると同時にトレーサビリティが徹底されない。無責任な販売につながる。

対象動物が病気に感染する危険のみならず、近隣に生息する動物に病気を蔓延させる危険もある。
命のあるものを扱うのに、そこまで購入者の利便性を考える必要はない。利便性はかえって無責任で衝動的な購入につながり、遺棄・虐待につながる

(3)対面販売・対面説明・現物確認の義務化について(2ページ)
意見①義務化に賛成。しかしながら、インターネット販売を封じ込めるためだけに義務化するのであれば片手落ち。この規制により、無責任は店頭販売が増えてしまったら、逆効果である。義務化と同時に 競り市の禁止・規制強化を強く要望します。(将来的には(5年後)ぺットショップにおける展示販売を禁止すべき。)

理由
ブリーダーの中には、売る前にメールなどでしつこいほど飼育条件などを確認してから売る人もいるので、そういう場合は無責任な店頭販売よりもずっと好ましい。したがって、単にそういう販売を封じ込めようとするのであるならば、悪徳業者の思うつぼになってしまう。
 
(4)犬猫オークション市場(せり市)について(3ページ)
意見①せり市は全廃すべき。
意見②現時点で全廃が困難な場合は、厳しい監督・規制が必要。
意見③トレーサビリティ―の導入は必須。 

理由
インターネット販売だけを規制せるのは片手落ち。同時に無責任な店頭販売も厳しく規制すべき。トレーサビリティを徹底させること。
犬猫をたくさん集めることは病気の蔓延につながる。
競り市は生体にも多大なるストレスがかかり、倫理的にも認められない。全廃して、ペットショップは直接近隣のブリーダーと交渉すること。将来的には店頭販売も禁止して、購入希望者は ブリーダーのところに直接行って、対面説明を受け購入。飼育環境も確認ができ、生体にもストレスがない。
 

(5)犬猫幼齢動物を親等から引き離す日齢について(3ページ)
意見①親兄弟から引き離す時期を8週令以上とすべき。
意見②自主規制には絶対に反対。抜け道を作れないような強固な規制にすること。販売には 獣医の証明(ワクチン接種証明書の添付)をつけるなどとする。

理由
より日齢の若い生体を求める風潮が犬や猫を苦しめている。日齢の若い生体は衝動買いにもつながる。また、大きくなったら売れないからと遺棄・処分、大きくならないように餌を与えない等など、信じられない行為が平然と行われている。殺処分数を減らすためにもこのような風潮は絶対に改めなければならない。

8週以上とすることで、利益だけを追求する悪徳業者も排除できる。乱繁殖・乱販売が抑制できる。そもそもこれを導入したら、潰れるというような繁殖業者は生体を扱うべきではない。

(6)犬猫の繁殖制限措置について(4ページ)
意見①:繁殖回数及び繁殖間隔について規制は絶対にすること。(自主規制には絶対に反対。具体的に法規制すること)
意見② 繁殖頭数ついても制限すること。(法規制すること)
意見③ 繁殖させる犬・猫について1頭1頭トレーサビリティを明らかにし、立ち入り検査を予告なしにするなどして、厳しく監視すること。
意見④遺伝病のおそれのある種の交配は禁止する

理由:
利益のみを追求する繁殖家のもとでは、産まれてから死ぬまで(処分遺棄されるまで)狭いケージの中で過ごさなければならない犬や猫がたくさんいる。この状態は現行の愛護法に反しているのは明らかである。一人が世話とできる頭数は限られているのだから、数値を具体的に示して規制すべき。

意見④について イギリスではスコティッシュフォールドの繁殖を禁止している。日本でも禁止すべき。

(7)飼養施設の適正化について(4ページ)
意見①広さ・飼育頭数などを法規制すること。繁殖業者ひとりにつき飼育頭数を無理なく世話のできる範囲に抑えること。ケージに入れっぱなしではなく犬の場合は散歩などができる頭数にすべき。
意見②曖昧な数値ではなく、具体値で規制すること。
意見③うさぎや鳥類・爬虫類にも適用すること。
意見④ケージの床はあみ(メッシュ)の使用は禁止すること。

理由:何年もケージに入れっぱなしのような飼育は虐待と同じで、動物愛護法に反します。
多くの劣悪な繁殖場があることからも分かるように、自主規制では効力を示さない。 かなり酷い状態で、行政の指導が入っても、改善されない(されなかった)例は多い。

ずっとメッシュのケージに入れたままにしている悪徳繁殖家も多く、生体にかなりのストレスを与えている。動物虐待に相当するのに、そのまま繁殖を続けさせているのはおかしい。愛護法違反である。  

8.動物取扱業の業種追加の検討(5・6ページ)
意見①動物の死体火葬・埋葬業者についても動物取扱業に追加するべきと考えます。
意見②両性類・魚類販売業者も取扱業に含め、販売時の説明責任を課すこと。
意見③動物愛護団体・老犬・老猫ホーム・教育・公益目的団体についても何らかの法的な規制を設けること。

理由 
飼えなくなった両生類や魚類の遺棄が目立ち、それにより生態が崩れている。本来は遺棄されて困るような種を一般的に飼うことを認めるべきではないが、飼う場合には法的に許可制にすべきである。それができなければ、取扱業と同等の規制をすること。
老猫老犬ホームについても、劣悪な施設があるので、同様に規制すべき。
学校などの飼育動物についても劣悪な環境で育てられている動物もおり、飼育管理者の教育など管理するべきである


(9)関連法令違反時の扱い(登録拒否などの再検討)(6ページ)
意見①登録拒否・取消要件を行える条項を追加すべきに賛成。210:欠落事由をさらに厳格にすることに賛成。
意見②ワシントン条約、種の保存法等に違反して動物を違法に販売していた動物取扱業者は法令違反が明らになった時点で登録取り消しとするべきである。
意見③鳥獣保護法に違反して国産の野鳥を密猟者から仕入れて販売しているペットショップ等は、法令違反が明らかになった時点で登録取り消しとするべきである。
意見④特定外来生物法に違反した場合、法令違反が明らかになった時点で登録取り消しとするべきである。

理由
現状の取り扱いは軽すぎて、抑制力になっていない。

(10)登録取消の運用の強化について(7ページ)
意見①運用の強化に賛成。迅速に発動しやすくすることに賛成。
意見②現行では、仮に廃業しても、飼育動物を転売したり、再登録したりすることができる。悪質な場合は抜き打ち検査をして、一度の指導で改善が見られない場合は登録取消とすべき。悪質な者に関しては全国どこでも再登録はできないようにすること。
意見③動物愛護担当職員に司法警察権を持たせることを検討するべきである。
意見④動物取扱業者に保険制度や供託金制度などの整備と加入を義務づけることにより、動物取扱業者自らの負担によって、廃業、登録取り消し、営業停止時に残された動物を適正に譲渡等できるように定めるべきである。


理由 7ページ 2行目(218行目)「現行法でも違反すれば・・・可能な条文となっているが・・・」となっているが、現在ではまったく機能していないから、具体的に強化する必要があると思う。
④について、業者が破たんした場合に、税金が使われたり、他の善良な市民がしりぬぐいをしている場合が多く、大変な負担になっている。業界で手だてを考えるのが妥当である。

(11)業種の適用外(動物園・水族館)(7ページ)
意見 一律に現在の動物取扱業の適用除外はすべきではない
理由 移動動物園や個人経営の動物園など、動物の飼育が適切でないものもあるから。


(12)動物取扱責任者研修の緩和(回数や動物園水族館・動物病院の扱い検討)
意見①緩和すべきではない。
意見②研修はただ参加すれば良い。やれば良いというものではなく、業界が良い方向へと向上するようなものにしてほしい。
意見③動物園水族館・動物病院の扱いに関しては7項246行から247行(動物園・水族館の職員や動物病院の獣医師であっても動物愛護に関する知識を有しているとは限らない場合がある)にある通り、責任者設置義務規定を外さないことに賛成です。

理由 酷い研修内容・参加者のやる気のない参加態度といったようなこともきく。そんな状態で緩和どころの話ではない。現在、一律に実施されている内容を業種ごとに細分化し、それぞれの分野に携わる事業者の知識や情報、技術、意識向上に役立つ研修とする必要性を強く感じます。 


(13)販売時説明義務の緩和(犬猫以外の小動物等での説明義務項の緩和の検討)(8ページ)
意見 緩和してはならない
理由 生きものであることは同じ。安易に購入し、逃がしたり遺棄したり、謝った飼育方法をする虞が十分あるので、緩和には絶対に反対。むしろ今以上に規制を厳しくしてもらいたい(逃げて増える外来種の問題などから)

(14)許可制の検討(登録制から許可制に強化する必要性の検討)8ページ
意見 ①具体的かつ厳正な審査基準の上での許可制にすべき。
意見 ②繁殖業者については遺伝的感染的問題があるので、資格制にすべき。
意見 ③8ページ269~270「現在の動物愛護管理法における登録制度については・・・・許可制と同等のレベルの規制である」とあるが、まったく同等ではない。現在の登録制は愛護という意味合いからは機能していない。

理由
現在は登録すればだれでも許可が得られる仕組みで悪質業者を排除できていない。何の知識もない繁殖業者が繁殖をしているために多くの問題が生じていることから、繁殖業はライセンス制にすべきである。具体的な厳しい基準で許可制にすれば安易に繁殖をしようとするもの・劣悪な業者を排除することが可能だと思う。




にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村


このチャンスを逃さないでください** 動物愛護法改正パブリックコメント** 

動物愛護法改正に関するパブリックコメント 毎日少しずつですが、書いています。毎日、少ない人数ですが、書いてくれそうな人にメールしています。

何を書いたらいいのか、どうやって書いたらいいのか、良く分からない方は↓↓のホームページでとても詳しく解説してありますので、是非ご覧ください。


→ こちら



↑↑には、ひな形も準備されています。それを利用して書けば時間のない方でも大丈夫です。

一番いいなと思ったのは、ひな形を印刷して知り合いに渡すという案(切手を貼った封筒もつけて)

全部ではなくて、一番大切な一項目だけのものもあるので、これなら頼みやすいです。



前回の業者の組織票は9500。 一般の方からの(たぶん)票は200です。


今回は結構拡散しているので、自分がやらなくても大丈夫と思っている方もいるかと思いますが、そんなことはありません。多数決で決まるわけではないでしょうが、9500という数に対抗するのは大変だと思います。

今まで、たくさんのパブリックコメントを出してきましたが、拡散しているし、出すと言っていた人がたくさんいたので(単なるそういう印象を受けただけ・・)たくさん集まると思った(勝手に)のに、蓋を開けてみたら、予想外の少ない数でびっくりした・・・・・・・・なんていうことも結構ありました。(>_<) 行政側で虚偽の申告をしているではないかと疑ったくらいです・・・・・


目の前の苦しんでいる生き物を助けることはとても重要です。でも、苦しんでいるかもしれない見えないところの生き物を助けようとすることも大切なのではないでしょうか・・・・


(・・・すみません・・偉そうなこと言えない私なのですが・・・・・・)




にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村






アビシニアンぽい ちいちゃん 新しい飼い主さん募集中

きじねこということで紹介させてもらっているちいちゃんですが、

背中の模様は「きじねこ」というより「アビシニアン」ぽいです。

縞がありません。



CIMG3409.jpg






体つきも、顔もすっきりした感じなので、よりそんな風(アビシニアン)に見えます。


CIMG3424.jpg



キジトラさんは 「人気がない」ということなので(こんな風に書くのは哀しいですが・・)、

「アビシニアン」でアピールしてみるのもいいかな~なんてちらっと思いました(*^_^*)





CIMG3405.jpg





アビシニアンちいちゃん」です(*^_^*)







純血種の名前を出すのはいかがなものかと思う方も多いと思いますが、

ミックスでも「毛色」で選んでいる方や、特別な「毛色」に愛着のある方は実際にいるので、

許してくださいね。 それで気に入って可愛がってもらえたら猫ちゃんにとっては幸せです(*^_^*)




CIMG3402.jpg


アビシニアンを飼っていたけれど、もうペットショップからは買う気がしないといった方、

天国に行ったアビシニアンにちょっぴり似ている・・なんて思う方がいたら、お問い合わせください(*^_^*)

写真いっぱい送ります。

勿論 そんな理由でなくても 「ビビ」と来た方がいたら、お見合いなど申し込んでいただけたらと思います。

性格はなまる、トイレも汚さないし、壁をばりばりとかもしないので飼いやすいです。

家に来た当初は良く鳴いていましたが、最近は全く鳴くこともありません。(くうちゃんにいじめられた時だけ悲鳴を上げています。)

基本的に大人しいですが、ひもなどでも良く遊びます。




にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。