いっしょに♪歩こう♪  

きらきらボール ** くうちゃん ちいちゃん **

二階の6畳間で退屈気味のくうちゃんとちいちゃん。

退屈しのぎに「きらきらボール」を買ってあげました。↓↓(商品名は「ラメボール」)

CIMG3294.jpg







CIMG3302.jpg




ちいちゃん はじめのうちは転がしたり、追いかけたりして遊んでいますが、

CIMG3317 - コピー


すぐに

「暑いから、後にする~」

と言って、寝っころがえってしまいます。
( ちいちゃん達のいる部屋は風通しが悪いので、かなり暑い・・・(>_<))





しょうがないな~  だったら、寝たまま遊んだら?

CIMG3306 - コピー






CIMG3313 - コピー







CIMG3315 - コピー







CIMG3316 - コピー







CIMG3308 - コピー





み~んな おっことすか 蹴飛ばしてしまうちいちゃん↓↓・・・・・・・・ (>_<)。

CIMG3312 - コピー






imgebd8ba36zikdzj_20110617212309.gif




くうちゃんの目 大分良くなりました。↓↓

CIMG3318.jpg

注意してみないと分からない位です。



くうちゃんもきらきらボールで遊んでいました。

CIMG3297.jpg







きらきらボールをかみかみするくうちゃん↓↓ (ちいちゃんの右後ろ。)

CIMG3295 - コピー

くいしんぼうのくうちゃん! それ食べ物ではないよ~ (>_<)










ちいちゃんとくうちゃんはちばわんの預かり猫さんです。

二匹とも良い子ちゃんです。一緒に暮らしてくださる方募集中
(それほど仲良しというわけではないので一匹ずつで譲渡可。)。

ちばわんのホームからお申込みください。



にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

ビッキーちゃん ** お便り **

ビッキーちゃんの写真 送って頂きました

と言っても、3月のもの・・・(^_^;)(^_^;)
(ごめんなさ~い・・)


110315_1427~01





KC3X0012.jpg


ちょっと痩せたかな・・・


相変わらず食欲旺盛みたいですが。

ビッキーちゃんも幸せそうですね

爆睡している姿がとっても可愛いです!!!



ありがとうございました!


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村

(アップが遅くてごめんなさい・・)

くうちゃんの目が白く濁ってしまいました。

10日ほど前の木曜日の夜。くうちゃんの右目が白く濁っているのに気が付きました。

もうびっくり。

こういった症状は初めての経験だったので、「どうしよう~」とかなり慌てました。


↓↓ くうちゃん (濁っているのわかりますか?)

CIMG3268.jpg




車の運転がへたくそな私。いつもは自転車の荷台にキャリーをくくりつけて獣医さんのところまで行くのですが、

くうちゃんはちょっと重すぎ(>_<)     
ひっくり返って事故でも起こしたら大変です。

また近所の人にお金を払って車の運転を頼もうかとも思いましたが、
ネットで調べてみると、「よくある症状」みたいな内容の日記を発見。罹患して直ぐに治癒している成猫ちゃんの日記もありました。(勿論怖~い病気の場合もあるという記述もありました・・・)

食欲もあるし、元気だし・・・とりあえず だんなさんが休みの土曜まで様子を見ることにしました。





imgebd8ba36zikdzj_20110617212309.gif


そして、二日後 一週間前の土曜日。



最初は近くの親切な獣医さんのところに行ってみたのですが、

「う~ん。これって治るような症状じゃないんじゃないの~」(え~そうかな~・・(>_<))

「前からこうなっていたんじゃないの?」(そんなことないって・・(>_<))

「僕は目の専門ではないから分からないけれど、治らないのに色々検査して、目薬だのなんだのって高いお金払わされて、結局治らないってことあるからね~」
(そういうお医者さんもいるとは思うけれど、このままっていうわけにはいかないでしょう・・(>_<))


この獣医さん 野良ちゃん大好きの、とっても良心的な獣医さんで、診療代をただにしてくれたりもするのですが、色々と問題もあったりもします・・・・・・・





しかたないので、ちょっと遠くなりますが、高速道路に乗って、他の保護犬保護猫協力病院に行きました

ここの獣医さんもとっても親切で診察は丁寧です。

くうちゃんの眼 よ~く診てくれました。

 目が白濁している以外には何ら異常もなく、怖い病気ではなさそうですが、

「ぶどう膜炎」を起こしている可能性が高いので、とりあえず、ステロイドと抗生物質の入った目薬を二本を処方してくれました。

状態から推察するに、ほっておいても 3~4日で治るかもしれないということでした。
(そう言われると、良かった~とかなり安堵します。)



目薬は一日3回ずつ差します。二本だから、計6回。

猫って目薬すっごく嫌がるんですよね・・・やだな~と思いましたが、


くうちゃんってとってもいい子!


目薬差すの全然苦になりませんでした。
う~とも言わないし、爪も出さない。ちょこっと抵抗するけれど、大人しい大人しい



なんて可愛いんだ 君は!



勘吉だったら化け猫に変身。

ちびだったら、かなりこちらが負傷。

ミーちゃんそのほかの猫だったらタオルで巻いて二人がかりで抑え込み・・・・・・・
・・・・になるでしょう・・・・




全く良くならないようだと「緑内障」とかその他の病気の場合も考えれらるそうですが、
(怖い怖い・・・) ちょっとずつ良くなっています。


今日のくうちゃん。↓↓

CIMG3287 - コピー






CIMG3289.jpg





ほっと一安心です。

くうちゃん あんまり心配かけないでくださいね(*^_^*)




にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村


くうちゃんとちいちゃんは ちばわんの保護猫さんです。
「一緒に暮らしてみたい!」という方は ちばわんホームページからお申込みください。→ こちら







大きくなった小麦ちゃん ** お便り ** 

小麦ちゃんの飼い主さんから写真を送っていただきました!

ありがとうございます


110606_162514.jpg






110606_162637~000


おねえちゃんとお昼寝中の小麦ちゃん。

5.1キロもあるんですって~(@_@;)
(くうちゃんと同じくらいになるかも・・・)

随分大きくなったんだね

幸せいっぱいの小麦ちゃん。本当に本当に良かったね!




にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村


サーシャちゃん ** お便り **

サーシャちゃんの飼主から、写真頂きました!

いつもありがとうございます(*^_^*)


サーシャちゃん 足の具合が悪かった(遺伝的)ので、心配していたですが
(サーシャちゃんご家族みなさま かなり心配だったでしょうね・・・・・・・)、
「手術成功、おそらく完治」という内容の連絡を頂きました
元気そうな写真を頂いて、私もとても嬉しかったです


元気いっぱいのサーシャちゃんの写真です↓↓

108-0073_IMG.jpg





108-0178_IMG.jpg


↑↑ この写真 笑っているみたいですね(*^_^*)


108-0271_IMG.jpg

↑↑ 俊足。 楽しそうだな~




108-0409_IMG.jpg





108-0485_IMG.jpg



お花見に行ったり、旅行に行ったり・・・・

大事にされているワンちゃんの姿・楽しそうなご家族の姿を見るのは嬉しいですね(*^_^*)



ありがとうございました!



にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村

お気に入りの場所 ** くうちゃん ちいちゃん **

くうちゃんのお気に入りの場所は↓↓


CIMG3216 - コピー



2段ケージの屋根の上。

窓からお外が見えるから、お気に入り




CIMG3219 - コピー








CIMG3221 - コピー




この場所で、

兄弟みたいに育った(兄弟ではありません)ちいちゃんと仲良くしたりもしています。

CIMG3229 - コピー






ちいちゃんのお気に入りの場所は↓↓

CIMG3239 - コピー



ベッドのそばの

やはり窓からお外が見える場所。




CIMG3234 - コピー



お空を見て 

何考えているのかな~




CIMG3233 - コピー





にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村





サンクチュアリ **署名のお願い**

米国には家畜動物のサンクチュアリというのがあるそうです。→ Farm Sanctuary

何がきっかけだったのかはよくおぼえていないのですが、そんなところがあるのかといたく感動して、以前ネットで調べたことがあります。

Sunctuary Tails

↑↑こちらは、パソコンの「お気に入り」に入れてあった、そんなサンクチュアリにいる動物たちのエピソードが書かれたブログ(?)。

殺処分される心配もなく、保護された動物達は極上の環境でその生涯をまっとうすることができます。

この施設には一般の人が宿泊できる施設もあり、日本人の方でも泊まったことがある方は何人もいるようで、
宿泊した時のことをブログなどに書いている方もいました。

ここでは、「人」はあくまでゲスト。主役は牛や豚などの動物たちです。彼らの生活を脅かすことなく、「人間の方が居させてもらう」といったスタンスのようです。

なんだかいいですね。そんな雰囲気。


いつか私も行ってみたいです


日本にも「養老牧場」といって、生き延びられるのはほんの一握りなのでしょうが、競馬などで使用された馬達の安住の施設はあります。でも、牛とか豚とか、そんな動物のこういう施設ってあるのでしょうか・・・・




今 原発関連で 日本でも「サンクチュアリ」をなんとか作ろうとする動きがあります。


たかむら勉議員などが頑張ってくださっているようですね。

↑↑上に書いた「サンクチュアリ」とはその主旨・目的はちょっと違うとは思いますが、それでも、こんな施設ができたら・・・できてほしい・・・と願ってやみません。


署名です↓↓ 

日本政府に提出されます。殺処分せずに生かしてあげられるものなら生かしてあげたいです。


ファーム・サンクチュアリ推進の署名(CARE2)
Establish Sanctuary Farms for Fukushima animals
.



「福島原発避難地域に取り残された動物・家畜を救おう!」の管理人さまが作ってくださったようです。

 
  
署名の仕方「福島原発避難地域に取り残された動物・家畜を救おう!」内記事より

転載~

"Prefix"選択後、以下を記入します。
(基本はローマ字ですが日本語でも大丈夫です)
First Name(名前) Last Name(苗字)
Email(メールアドレス)
Country("Japan"を選択)
Street Address(市区町村以下の住所:丁目-番地-号-部屋番号, 町-市)
City(都道府県名)
Zip(郵便番号)
※公開されるのは氏名と国名のみです。



"State"は選択しません。



"don't display my name"にチェックを入れると氏名は表示されませんが、
名前を出された方がアピールになります。



コメントを書きたい場合は以下のコメント欄にコメントします。
"For more impact, add a personal comment here"

(ぜひお願いします。日本語でも結構です)




"I agree to Care2's terms of service"にチェックを入れて、

"sign now"をクリックします。

確認画面でもう一度"sign now"をクリックします。



※署名は最終的に、行政機関へのアピールに使用します。
氏名の公開とコメントは必須ではないですが、ないよりはあった方がいいです。

転載ここまで。

★ 署名の内容と翻訳は こちらをご覧ください。→ 

こちら(福島原発避難地域に取り残された動物・家畜を救おう!5月31日記事 【拡散大希望】ファーム・サンクチュアリ推進の署名(CARE2)を作りました!!)



にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村





imgebd8ba36zikdzj_20110617212309.gif

追記

JAVAのスタッフブログで サンクチュアリ構想についてのたかむら勉議員の回答を見た。
私が想っていた「サンクチュアリ」とはちょっと違うような気がして驚いた。
勿論 たかむら議員の言っていること、「そうだよね・・・」と思うところも多々ある。困った人がたくさんいるのに、飼料だけで年間1千万円の費用を遣う・・それって現状では大変なことだと思う。残念なことに今の日本では、畜産動物をただ保護して生かしておくということ、それを国レベルでやる土壌はないだろうし・・・
でも、ちょっと納得がいかないのは、「サンクチュアリ」という名前を使ったこと。場合によっては「動物実験」もありならば、最初から「研究施設」とした方が良かったのではないだろうか。
「実験反対と言われたら助かる命も助からない」というたかむら議員の言葉・・今の日本では、その言葉も残念ながら分からなくもない。(涙)でも、その実験って?どんな実験なんだろうか・・・
なんだかな~と色々と考えてしまう・・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。