いっしょに♪歩こう♪  

* お帰りなさい *


仮パパさんが帰ってきて嬉しいみっちゃんです(*^_^*)↓↓

CIMG8951 - コピー









CIMG8950 - コピー



なんではだしかって? ↑↑

毛がたくさんの我が家。

靴下に毛がつくと取るのが大変。

だから、帰ってきたら靴下をすぐ脱いでもらっています(*^_^*)







CIMG8954 - コピー





にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

* みっちゃん 病院に行きました。 *

先日の診察で心臓に雑音のあったみっちちゃん。

24日に詳しい検査(レントゲン・エコー・心電図)をしました。


みっちゃん 頑張ったね!


結果は・・・・・・・・・・・・・・


やはり 動脈管開存症でした(>_<) 

でも、症状は疑っていたよりも軽いそうです\(^o^)/

将来的にはお薬が必要になることもあるかもしれませんが、

今のところは必要がないそうです。


フィラリアの方の詳しい検査もして貰いましたが、

こちらの方もダメージもそれほどではなく軽症だということでした。\(^o^)/


勿論 少ないといえ フィラリアが入ってはいけないところに入ってしまったら危険なことには変わりないのですが・・・・


フィラリアの薬 ちゃんと飲ませてくれていたらなぁ・・・って思います。











ヒート中のみっちゃん↓↓

子供用のいらないパン●を貰ったので、みっちゃんに穿かせてみました(*^_^*)

そのままだと脱げてしまうので、クリップでとめました(笑)


CIMG9200 - コピー








最後に・・



ずっと載せるの忘れていましたが、

↓↓はみっちゃんを最初に保護してくれたBさんから、いただいたフードです。

これ以外にも固形フードをいただいています(*^_^*)

CIMG8929.jpg


↓のペットシーツもBさんから頂いたものです。

(使う前に、ちゃんとした写真撮ったはずなのに・・・・・・仕方ないので、取り直ししました~)

mitti.jpg


今回の病院への搬送もBさんにお願いしました。

ご支援・搬送 ありがとうございました!


そして・・・

支援といえば、

桜子ちゃんのねこ親さんからも、以前たくさんご支援していただきました(*^_^*)

沢山頂いたので、日記に載せていません。

支援しないとまずいようなプレッシャーをもしかしたら、他のいぬ親さんや猫親さんに与えたら悪いと思って、載せませんでした。

桜子ちゃんのねこ親さん 本当にありがとうございました!
(日記に載せないこともご了承いただいています(*^_^*))





お金持ちではありませんが、節約大大大好き人間ですので、 大丈夫です!

皆さん お気遣いしないでくださいね~




にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村


* 笑わないで・・・・・・・・・・

以前 ブログ仲間みやりんさんのマイミクさんから、貴重なお話を伺ったことがあります。

そのマイミクさんの勤めている会社には医療機器の開発をやっている部署があり、そこでは動物実験も行われているそうです。仔牛を使った実験ですが、人工心臓の開発なので、実際に人間で使用する前には、どうしても動物を使った実験が必須となります。
その方たちは、そこで使われる牛たちに、番号ではなくて、名前をつけています。名前をつけてその仔牛たちが少しでも実験の苦痛を感じなくて済むように毎日世話をしていたのだそうです。
機械の不都合で仔牛が亡くなったり、機械を取り外すときには(仔牛は死にます)とても辛いとか。。。。



mixiでは、時々 動物実験に関するスレッドが立ったりして、その時には色々と意見が交わされたりします。そして、そういった場所でも実際に実験に参加されている人たちの辛い心情がつづられることもあります・・・・実験をしている人たちが悪者のように言われることへの辛さも述べられることがあります。




こんな風に感じて 実験に携わっている人たちが世の中にはたくさんいるのでしょうね。

したくてしているわけじゃない。代替法が使えるならその方がいい・・・・・
そんな風に考えている人たちも多いのでしょう。

そして、そんな人たちや実験台になる動物たちのおかげで私たちの生活が守られている・・・

そんな人たちがもっとたくさんいれば代替法ももっともっと盛んになっていくでしょう。
そして、実験で尊い命を失う動物ももっともっと少なくなっていくのにと思います。





でも、


実験に慣れてしまって、思いやりや感謝を忘れてしまっている人たちも中にはいるのではないかと思います・・・・・・・・・・・・・



+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

PAW AIDさん 2008年 5月17日の記事「もうひとつの処分場」 

新聞社の論説委員室に勤務していた著者にあてられた1通の投書が
そこには書かれていた
「大学薬学部の4年間の授業でいまも頭にこびりついている実習シーンがある。
ウサギを仰向けにし、四肢を引き伸ばし、張り付け状にして縛る。
鎮静剤も麻酔もしないまま、助手がはさみで毛を刈る。
『あ、皮を切っちゃった。どうせ死ぬんだから、まあいいか』。
指導教授がはさみでウサギの皮膚を切り裂き、筋肉を分け、指を突っ込んで血管をまさぐり、ひきずりだし、切断し、流血をガラス瓶で受ける。
ウサギはまだ生きている。
小さな悲鳴を何度かあげた。そして失禁した。
そのとき、学生たちのやったことは爆笑でした。
つられて助手も教授も笑った。
この間、ウサギの苦痛、生命の尊厳、無麻酔下で死ぬまで放っておく意義もひと言の説明もなかった。そのとき、私はショックでぼぅーっとなっていた。
怒らなかった。
抗議もしなかった。
そのことがいま恥ずかしい。
それだけではありません。
その後、大学院に進学し研究室に入った私の友人は無麻酔でタコ糸のようなもので体中をぐるぐる巻きにされたモルモットの眼球をえぐり取り、そこへガラス管を差し込んで血液をとる実験を見せつけられたといいます。
私はウサギの実習のレポートを提出する際、極力抑えた言葉遣いで『内部告発されることも考え、少し気をつけた方が』と書き添えた。
その後、緊急教授会が開かれ、『うるさい学生がいるので』と実習内容が急に変更されたことを知りました。」
差出人の学んだ大学は関西の名門女子大だ。(以下続く…)
(「AVA-net No.130 2008/5-6 P8」より抜粋)


    avanetbn300.gif
                                           
ホームはこちら→AVA-net 




+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*
酪農学園大学告発のきっかけとなった女子学生からの内部告発の一部 
( この件に関してはこちら参照してください→こちら )


筋弛緩剤を頸静脈に打ち、牛が倒れたら「足結び係」が足を結び「放血係」が首を刀 で裂き、頚動脈を引き剥がし、鉗子で動脈を挟み、ハサミで切れ込みを入れ、バケツ につながるチューブを動脈内に挿し込み、鉗子をはずし放血をする。眼瞼反射や肛門反射で死を確認し、足のロープにフックを掛け、吊り上げて体重を量 る。解剖室中央に牛を移動させ(天井からフックのついた牛を左右に移動できる機械 がある。有線のリモコンで操作。)頭をはずし、また牛を移動させ、台に降ろし、四 肢をまずはずし、そのあと「腹出し係」がお腹を刀で裂き、腸、胃、肝臓などを取り 出す。そして「胸出し係」が胸くうを空け、肺と心臓を取り出す。一方では「脳出し係」が 脳を出している。子牛の場合は、ドンと押せば倒れるので、その要領で倒し、足を結び、いきなり刀で 首を裂く。時折、子牛を連れてくる研究室の学生がキシラジンを打っていたが、牛の 意識ははっきりしていた。子牛の場合はチューブを動脈内に挿しはせず、ズバっと切 って血が流れるままにする。動脈は体の深部にあるので、深く切る。殺される牛の中 にはそれほど弱っていない牛もいた。その際、牛がモーモー!!!!!!とひどく苦 しそうに、大きな叫び声をあげることがあったが、放血を担当していた当時の病理学 教室の大学院生がそれに対し、「モーモー!!!!!だってよ、アハハハハ!!」と 笑ったこともあり、その光景はまさに地獄絵図のようだった。まだ鳴いている子牛に先生が近づき、刀で気管を切り裂いたこともあった。

・・・・・・・・・・・
( 牛は家畜動物のため不起訴になってしまうことも考えられるそうです。不起訴になればこういったことをやっていいということにもなりかねません。札幌地検へ意見を送っていただけたらとおもいます。
札幌地検→ こちら






最初、まともに読めなかった上の二つの文

胸がつまって、憤りを感じた出来事

本当にこんな人たちがいるのでしょうか・・・・


苦しんくて痛くて鳴いている、恐怖で震えて鳴いている そんな動物を絶対に絶対に
笑わないでほしいです・・・・・






にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村






* 飼育放棄ねこちゃん 近況報告 

食いしん坊の同居人の友達に所へ行った「小夏ちゃん」と「小春ちゃん」

元気にしているようです(*^_^*)

同居人さんのところへメールが来ました(*^_^*)


↓↓



猫はちょう元気!!!ごはんも毎日残さずたべてるし、うんちもちゃんとしてるよ。下痢もなってないよ!!!部屋中あるきまわったり走り回ってたりしてる!階段も上り下りしてる!!あと小春も小夏にやりかえすようになった。笑っ 小春が億劫な性格だったけどさいきんはまったくだね。なすりついてくる!小夏はいままでとおりかなあ(^ω^)写メのせとくね。



konatu2.jpg








konatu3.jpg







GetAttachment.jpg








konatu1.jpg





にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村





* やられちゃったよ・・ *

ちーちゃんが使っていたベッド ↓↓


CIMG7284 - コピー


ちーちゃんがいなくなってからは、猫さん達が使っています。






CIMG9162 - コピー


そのベッド・・・

勘吉にまたおしっこもらされた~(>_<)

(↑↑ 洗うためにお風呂の中に放り込まれたベッド )





目の前にトイレがあるのに、動くのがめんどくさい時があるらしい・・・・

特に夜は部屋が暗いから。。。。


CIMG7896 - コピー








CIMG7898 - コピー







にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村





* むっちゃんがゆっくり眠れるように・・・ *

寝ているむっちゃんをみっちゃんが無理やりに起こすので ちょっと工夫してみました。↓↓

CIMG9128 - コピー









CIMG9138 - コピー


これなら、邪魔されません(*^_^*)



でも、むっちゃんが起きている時も、みっちゃんはなぜかむっちゃんにちょっかいを出します。



リードをつけて、注意はしているのですが、

ついうっかりしてしまうと・・・・・


年寄りのむっちゃん みっちゃんに体当たりされて ひっくり返ってしまいます(>_<)




ごめんね。むっちゃん。



明日からは、絶対にちょっかいを出せないように頑張るぞ~






+*+* 追記 +*+*



みっちゃん 一週間前から、ヒートです。(放浪中に妊娠しなくて良かった~)

ワンちゃんって、2~3週間ぐらい 続くそうですね(@_@;)

おむつ穿かせると嫌がるし(笑)・・・・・

濡れタオルを持って、みっちゃんの後をふきふきする毎日です(笑)

何かいい方法ないかな~

(あったら教えてください(*^_^*))


にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村

放血殺・・・・豚・牛・馬・羊etc.がどのようにして肉になるのか知っていますか。

ここのところ、ネットで「放血殺」について、ちょこちょこ調べています。
あまり、読みたくない分野・できるなら知りたくない分野ですが、なぜだか気になって・・・・・・

そのきっかけは、「北海道酪農学園大学が告発されたという読売新聞の記事」。
北海道版です。
麻酔をかけずに実験用の牛を放血殺しており、その有様があまりに酷くそれが原因で女子学生が昨年10月末自殺したそうです。
大学側に改善を求めたが認められなかったとか・・・・



以前 yuuさんのブログ に載っていた 「豚さん 命をありがとう」 

本当は観なくてはいけないのかもしれませんが、この時は 私はあえてそれを見ようとはしませんでした。
どうしてかというと、今の私には殺され方は関係なくて、「殺す」ということ自体があまり好ましくないものだからです。勿論、奪わなくてはならない命もあるだろうし、もしそうなら、苦しまない方法がいいに決まっていますけど。
(豚さん命をありがとう・・・まだ見ていません。映像ではないのかな?その時は映像かと思いました。よくよく考えたら、 秘話だから、読み物なのかもしれないですね。。。)



食肉用の豚・牛・馬・羊・・・・がどのようにして殺されるのか知っていますか。


私は今まで知りませんでした。
棒でたたくのかな~とか、ギロチンみたいに頭を切るのかな~とか それとも電気ショックかな~とか・・・・そんな程度です。
この訴えがきっかけで今回初めて 食肉用の牛・馬・・・実験用の牛・馬・犬・・などの殺し方を知りました。

豚は電気ショックを与えて、馬や牛などは、屠殺銃で額を撃ち、失神させます。実験用の犬などの場合は、麻酔をします。その後 首の頚動脈を切り、血を抜いて失血死させるそうです。
食肉の場合は、こうしないと血なまぐさくなり、肉がまずくなってしまうそうです。殺してから、血を抜くことはできないので、生きたままということになります。

動物は痛みを感じているのか、感じていないのか・・・
色々な経験談を読みましたが、中には叫び声をあげたり、ラットの場合はキューキュー鳴いたりするものもあるそうです。。。。


今まで、私はたくさん肉を食べてきました。 
昔は スーパーに並んでいる肉の塊を見ても、あえて、考えないようにしていたのかもしれませんが 動物を殺しているという感覚を実感することはありませんでした。


色々知ると、何と言ってよいか、色々考えてしまいます。


大量食料廃棄を平気でしている人間たち・・・ 
どのように私たちの生活が成り立っているのか、
守られているのか、
秘密にしないで、ちゃんと学校でしっかり教えるべきだと思う今日この頃です。




読売新聞の記事


「解剖用牛処分巡り酪農学園大学長告発
東京の団体、地検に江別市の酪農学園大学が、
解剖用の牛を麻酔を使わずに殺処分しているなどとし て、
動物保護団体「動物実験の廃止を求める会」(本部・東京)が14日、
同大の谷山 弘行学長を動物愛護法違反容疑で札幌地検に告発したと発表した。

同会によると、同 大はこれまで、牛の病理解剖や解剖実習などで
年間約500頭を使用しているが、麻酔な どを使わずに殺処分しており、
「動物に苦痛を与えないことを定めた動物愛護法に違 反する不正な行為」
などと主張している。 

これに対し、酪農学園大学学務部は、「告発状を見ておらず、
正式なコメントは差 し控えるが、動物実験には、
規定をそろえて対応している」としている。 
(2009年 7月15日 読売新聞 北海道版) 」


* みっちゃん(みっち)と遊ぶ勘吉君

むっちゃんにみっちゃんがちょっかいを出せないように、みっちゃんにリードをつけました。↓↓

CIMG9059 - コピー



これなら、何かあった時にはひっぱれます。




そのリードで勘吉君が遊び始めました


CIMG9024 - コピー








CIMG9025 - コピー








CIMG9026 - コピー








CIMG9030 - コピー








CIMG9042 - コピー








CIMG9100 - コピー









CIMG9066 - コピー







CIMG9069 - コピー





おまけの一枚 ↓↓

ハムスターになった「みっちゃんです」  ↓↓



CIMG9091 - コピー







にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村





* みっちと家のワン達 *

みっちちゃん 他の犬に移すような病気も持っていないようなので、

皆のいる居間に時々連れてきてあげています。

最初連れて来たときは、新しい環境に緊張したのか 10分間に3回ぐらいもらしてしまいましたが、今は長い時間大丈夫です。

特にお散歩の後などは、おしっこを外で出し切っているので(マーキング)、

家の中でされる心配はあまりありません。







お互い初対面で緊張するりくとみっちちゃん。↓↓

CIMG8912 - コピー



最初のうちは お互い遠慮していましたが、だんだん慣れてきて、

みっちちゃん 今は 大きな顔をするようになりました。


りくくんは わがままタイプのお嬢様は苦手。

今は関わりたくないのか、遠巻きに見ています(笑)



CIMG8907 - コピー








CIMG8906 - コピー






昼間は むっちゃん こうして↓↓ 寝ているのですが、

みっちちゃん そんなことお構いなしに

むっちゃんの顔をつついたりして 無理やり起こします。

CIMG8904 - コピー


いつも穏やかなむっちゃんですが、

そんなときは 余程 頭に来るのか牙をむいて怒ります。

むっちゃんのそんな顔今まで見たことがなかったので(一年一緒に暮らして初めてです)

本当にびっくり仰天。

むっちゃんも怒ることあるんだね~



CIMG8915 - コピー


やんちゃなみっちゃん。

手加減してくださいよ~



にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村




* むっちゃんの散歩 *

久しぶりにむっちゃんの散歩の写真を撮ってみました


むっちゃんは 完全外派だし おじいさんなので、一日3回行ってます(*^_^*)

朝の5時半 夕方の5時  夜の10時ごろです。



↓↓ の階段は 抱っこです(*^_^*)

あしや腰に負担をかけないように。。

CIMG8782 - コピー








CIMG8787 - コピー







他のわんのおしっ●の匂い嗅ぐのみんな好きですね(*^_^*)  ↓↓
 
CIMG8804 - コピー






むっちゃんもおしっこ(*^_^*)

サプリメント 緑イ貝を飲むようになってから、あしが上手にあげられるようになりました。

(以前はすぐおろしてしまっていました)

CIMG8797 - コピー





おしっこをしたら、今度はうん●をしに、遠くまで歩いて行きます(*^_^*)

他の犬がいても、後を追ったりします。

CIMG8800 - コピー


うん●をしたら、

『 ぼく もう帰るよ~ 』ってなります。

暑いからね。 もうそろそろ帰ろうか。。


にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村


『ロイヤルカナン 犬用 緑イ貝・タブ3g×30個入り』   ↓↓







* ラッシュジャパーン  化粧品の動物実験反対キャンペーン

リンスがなくなりそうなので、動物実験をしていない Lush の商品を買ってみようかと、

ラッシュのホームに覗いたら、こんなキャンペーンをやっていました。 ↓↓

知らなかった~ 

今日が締切ではないですか・・・・・


2009/7/23(木)~8/12(水)

「STILL AGAINST ANIMAL TESTING -化粧品のための動物実験の実態を100万人に伝えよう-」キャンペーンを実施中!
 



 ↓↓ 時間がありません。 是非ご参加ください。

PC http://www.lushjapan.com/contents/animal09/index.asp



携帯 http://www.lushjapan.com/m/saat09/




* みっちちゃんのお散歩 *

朝・晩 みっちちゃんと散歩しています。


CIMG8891 - コピー


みっちちゃん 引きもないし、時々ぐるぐる回りますが、まあまあ上手に歩けます。

他の犬も大丈夫のようです。



CIMG8892 - コピー



散歩の時に うん●もします。

今のところ 一回のお散歩でおしっこは5~6回。



CIMG8890 - コピー



車は苦手のようです。

怖がります。



CIMG8901 - コピー





昨日書いた頻尿の件ですが、最初の保護主Bさんに回数を聞いてみたのですが、

保護して 一週間ぐらいしたら、一日5~6回ぐらいに減ったそうです。

家でも、だんだん回数は減ってきています。



緊張すると おしっこをしてしまうのかな~



そんなわけで、

もう少し様子を見たいと思います。





みっちちゃんのおしっこトレーニング↓↓  

トイレをする場所を作ってみました(*^_^*)↓↓

CIMG8884 - コピー


はは・・・・・一回だけ成功



家に来た子は どういうわけか 訓練もしていないのに ペットシーツでちゃんとできる子ばかりでした。

ペットシーツにしない子は 完全外派だったし・・・・・

おしっこトレーニング・・・・ 自信ないな~  困った困った・・・




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




* コーギーみっち  病院へ *

8月8日(土曜日) Bさんのところへみっちちゃんを引き取りに行き

そのままたいやきさんと一緒に K病院へ行きました。

(たい焼きさん紹介のK病院 とっても親切。診察もとても丁寧でした~!)

たい焼きさん 忙しいのにありがとう!



病院でのみっちちゃん ↓↓

CIMG8809.jpg




そして、

みっちちゃん  『心雑音』 が認められ、

エコー検査をしました。




CIMG8811.jpg



エコー検査をするために とても長い間横に倒されて押さえつけられていたみっちちゃん 

きっと心臓が張り裂けるほど怖かったと思います。

「 一体 この人たち 何するつもりなんだろう・・・・怖いよ~」って。



でも、頑張ってくれました。

獣医さんも大変ですよね・・・ 

押さえてくれていたスッタフの方・たい焼きさんも御苦労さまでした(*^_^*)

(私は押さえるのがへたくそで、 ただ見ていただけです・・・・・はは(>_<) )




診断の結果は

動脈管開存症の疑い  先天的は心臓病だそうです。

消えなくてはならなかった動脈がそのままになってしまっているそうです。

みっちちゃんの場合はたぶんそうだとしても軽症。

でも、詳しく検査してもらうことになりました。

検査は8月24日の予定です。




K病院で 偶然

最強の主婦まりこさんと

ココニャンママさんに会いました(*^_^*)

ふたりとも 犬猫の神様 保護活動の神様みたいな人です。

私はふたりみたいにはできませんが、いつか少しお手伝いができたらいいな~と思っています。






獣医さんから帰ってから 気が付いたのですが、

みっちちゃん おしっこの間隔が異様に短いです(>_<)   膀胱炎?

起きている時は 10分おき 15分おき?


心配になったので、獣医さんに電話して聞いてみました。

緊急性はないけれど、匂いがきつくなったり、しているときに痛そうだったら、

すぐ連れてきてくださいということでした。


みっちちゃん 一回の尿の量が少ないし、

する前の動作が分かりにくいのでちょっと難しいような気もするけれど、

なんとか採って 尿検査をしてみたいと思います。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




* コーギー♀みっちちゃん 引き取り経緯 *

高速道路インター近くの側道でウロウロしているコーギーを知り合いのBさんの旦那様が保護しました。


保護した時、体はものすごく汚れ、痩せており(7キロ 適正体重10キロ)、耳の中は真っ黒でひどい状態だったそうです。

爪もにゃんこのように伸びており、歯垢もたくさんついていました。



Bさんが、獣医さんに連れて行き 診察を受けたり、シャンプーしたりと献身的にお世話を

して、警察 愛護センターにも連絡 ネットにも情報を載せたりしましたが、飼い主さん

は見つかりませんでした。

センターに連れていけば、里親さんが見つかるといったアドバイスも受けたそうですが、

だんだん不安になってきて 保護活動をしている私のことを思い出し、私に電話したそうです。

当初は  Bさん宅にて保護されたまま いぬ親さんを探す予定でしたが、ご家庭の諸事情

により、それもだんだん難しくなってきました。(とても困っている様子でした。)

場合によっては、「警察に・・・」(そこでも譲渡対象になるから大丈夫と言われたそうです)という話も出ており、それは(→センターに連れていかれます)可哀そうだと思い、家で預かり いぬ親さんを探すことになりました。





↓↓ 保護されたコーギー みっち (我が家で)

CIMG8827 - コピー





ちょうど 家ではホワイトちゃん(桜子ちゃん)がトライアルで旅立ったばかり。

一頭いなくなると またすぐに一頭現れる・・・・・・・・・とっても不思議ですよね。

Bさんから、連絡があったのは、南青山で桜子ちゃんのトライアルの手続きをしていた最中でした。


本当に不思議です。







asikata1.gif  読んでください。↓↓

注① 『 センターに連れて行けばいぬ親さんが見つかる・・・』 ・・・・・確かにそういう場合もあるかもしれませんが、センターには色々な病気を持った子が入ってきます。パルボなどの伝染力の強い菌はセンターに一年以上残っている場合もあります。譲渡対象・各保護団体・個人保護の方々の目に運よく留まり、引き出し対象になっとしても、検疫中に死んでしまうということはよくある話です。警察署等でも『センターに・・・・』という話を聞いたということですが、譲渡対象になるならばと、安心して渡してしまう人もいるのではないでしょうか。『センターに連れて行けば、譲渡対象になる』ではなくて『殺処分されることもあるし、病気が移って死ぬこともある』といいうことをちゃんと伝えてほしいと思いました。


注② 今回は知り合いの保護した犬であり、また 丸投げではなくて 搬送などのお手伝いをしていただけるということ、また 血液検査・予防接種などもしてあり、とても良心的でしたので、そのまま受け継ぎました。猫が大丈夫そうなわんちゃんであるということも引き取った理由の一つでもあります。通常は お手伝いは喜んでしますが、こちらで預かるというご要望にはお答えできませんのでご了承ください。

どんな犬でも猫でも優しいいぬ親さんねこ親さんが見つかる可能性はあります。
保護された方が、安易にセンターなどに渡さずに、元の飼い主さん・新しい飼い主さんを探してくれたらと心から願っています




にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村


* コーギーちゃん 明日迎えに行きます *

明日迎えに行くコーギーちゃんの名前は『みっち』です。

とっても可愛い名前ですよね





今いるお宅の旦那様がつけられたそうです。

高速道路インターの近くで 保護したのも旦那様。



猫ちゃんは大丈夫ということですが、とりあえず、二・三日様子をみることにしました。

そのため、今日はお部屋の改造。

みっちちゃんは 大人しい?猫たちが今いる猫部屋に。

大人しい?猫たちは、居間とケージの中で過ごして貰うことにしました。

家には  他に凶暴猫『ちび』がいるので、保護犬や保護猫が来るとすこしややこしくなります。。。。

(ちびは二階の6畳を一匹で使っていますが、他の場所にも行きたがります)





CIMG8773 - コピー

凶暴猫を居間に出すときは、ケージに3匹入ってもらって、前の引き戸を閉めて 開かないように鍵を閉めます。(引き戸に鍵がつけてあります。)






CIMG8780.jpg

↑↑は和室の方の写真 ケージの裏側です。

これならば、猫ちゃん達 みっちに近づけません(*^_^*)



トイレがちゃんとできないということですが、もうぼろぼろの和室ですから、どうってことないですよね・・・・・・(たぶん)



にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村




* アイボなんて怖くない!  ゆっくちゃん(ちほちゃん)近況報告

ゆっくちゃんのいぬ親様から、近況報告の写真とお手紙をいただきました!


ゆっくちゃん ブラッシングされている時に、ちょっと痛かったりすると、

あしで「えい!」ってやったり、甘咬みしたりするそうです(@_@;)



あの大人しくて、感情をなかなか示さなかったゆっくちゃんが~・・・(@_@;)です。

なんの心配もなく、 りラックスしている証拠ですよね(*^_^*)



幸せなんだね!  ゆっくちゃん




お友達のアイボ君と↓↓  目が見えないのに、アイボ君のこと 全然怖がらないそうです(笑)


CIMG8767.jpg






ゆっくちゃん 本当に可愛い!  ↓↓ 穏やかな顔しているね。

CIMG8769.jpg





はは  腹天ですね~(笑)  


CIMG8768.jpg





不幸な子が一匹でも少なくなりますように。


にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村



* 桜子ちゃん(ホワイトちゃん) 近況報告 *

桜子ちゃんのねこ親さんから、写真をたくさん送ってもらいました(*^_^*)

桜子ちゃん すっかり慣れて、パパとママに甘えているようです







『こっちに来て良かったにゃ~ 前の家よりかなり居心地がいいにゃ~』

『あっちの家は構ってくれないしにゃ~ 』

『布団(同居人の布団)は汚いしにゃ~ 』

『あっちじゃクローゼットに入ると怒られたけど、こっちじゃ全然怒られないにゃ~』


って 桜子ちゃんは きっと思っているだろうと、同居人が言っていました(笑)

      ( 桜子ちゃんは 保護当時 同居人様の部屋にいました。)





200908021850000.jpg







200908040033000.jpg







200908040133000.jpg


↑↑ ねこ親さんのベッドを半分占領する桜子ちゃん




200908041903000.jpg

↑↑ 桜子ちゃん お気に入りの籠





200908051932000.jpg

「手ってこ伸ばし」のスフィンクススタイル  by ねこ親さん








にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村





* コーギー ♀ いぬ親さん 募集予定 

迷子(遺棄?)された大人しいコーギー♀ (推定5~6歳)の いぬ親さんを募集します(予定)


CIMG8616 - コピー







CIMG8617 - コピー


詳細はまた書きます。

宜しくお願いします。





にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村







* 南青山 ベジカフェ *

桜子ちゃんのお家は南青山にあります。

南青山には ヴィーガンカフェ・ベジタリアンレストラン・(マクロビ)などが結構あります。

せっかくなので、お届けのついでに、ベジ料理を食べて帰ることにしました。

L‘OASINA (ペット入店可)に行きました。

興味がある方は → こちら  をどうぞ (*^_^*)

* ホワイトちゃん(桜子ちゃん)お届け② 猫がいっぱい

ホワイト(桜子)ちゃんのお家のリビングです。↓↓



CIMG8603 - コピー



猫ちゃん達があっちにもこっちにも・・・




本物そっくりのぬいぐるみも置かれていたりして、

「ぎょ!」 「びっくり(@_@;)した~(^_^;)(^_^;)」・・・・なんて思いもしました。



CIMG8604 - コピー


猫の博物館ができるほど置物etcが たくさん




CIMG8606 - コピー



↑↑ はほんの一部です(@_@;)


本当に猫ちゃんが大好きなんですね~



CIMG8612.jpg

猫ちゃん用の扉も各部屋のドアについているそうです(*^_^*)




ホワイト(桜子)ちゃん 本当に幸せな猫ちゃんです!


きっと今日からパパ・ママにたっぷり甘えるんだろうな~

良かったね。 桜子ちゃん(*^_^*)



桜子ちゃんの パパとママ ↓↓



CIMG8610 - コピー



にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村






* ホワイトちゃん(桜子ちゃん) お届け その①

ホワイトちゃん お届けの前に 恒例の記念写真を撮りました


CIMG8578 - コピー



白髪を染めるのに、私はヘナを使っています。

ヘナそのもので染めると赤くなってしまうので、「ヘナ+木藍」というの使っています。 ↓↓


CIMG1351 - コピー


分け目の部分が薄くなったような気がして、ずっと気にしていたのですが、

ヘナを使うようになってからは、まったく気にならなくなりました。


いわゆる合成のヘアカラーは 動物実験メーカーのものばかりだし・・・・・・


( 注  ヘナと言っても、体に悪いものを含んだいい加減なものも出回っていますので注意してくださいね)


色もこの商品は素敵だと思います。








記念撮影をして、イザ 出発。



CIMG8589 - コピー



ホワイトちゃん(桜子ちゃん) 車は大嫌いのよう・・・・・



CIMG8600 - コピー



着くまで ずっと 「出せ~ だせ~ 」と騒いでいました・・・・・・

ついでに、おもらしも・・・・



ごめんね。 ホワイト(桜子ちゃん)


にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。